海外ナンパ師のABC

外国の女性を抱くことについて

海外のPUA(ナンパ師)紹介①~Adam from The Bowl~

 海外ナンパってどんな感じ?って思ってる方、ようこそ。突然だけど、これからチョクチョク海外のPUA(pick up artist、ナンパ師)について紹介していこうと思う。意味不明かもしれないがそういうことだ。

 僕が海外のPUAを意識し始めたのは、去年2015年の12月だ。公家シンジさんとクラトロさんが主催するLAナンパツアーへの参加を決意した時だった。ロサンゼルスへのチケットを威勢よく買ったは良いものの、はてどうしたら現地の女の子をナンパで引っ掛けることができるのか全く見当がつかない。そういった悩みを抱えた中、僕は藁をも掴む思いでYoutubeで海外のPUAの動画を見始めた。最終的には、参考になる動画を見つける前に、ツアー日が訪れてしまったのだが、その時、思ったのがPUA動画はナンパの参考資料としてだけでなく、単純にエンターテイメントとしても面白いということだった。

 これは是非とも日本に紹介したい、自分の英語の勉強にもなる、時代はグローバリゼーション、ブログのネタや!ってことで、これから各エントリーごとに1人ずつ海外のPUAを紹介していく。Naverまとめサイトみたいなものだと思ってくれれば差し支えないです。英語が全くわからんというあなた。安心して下さい。ちゃんと彼の持論をまとめてあげますよ。僕の紹介文を読んだ後、動画を見てみて下さい。難なく理解できると思います。紹介する動画は、infield(実演)系のものにします。英語のセミナー動画を見させられても退屈だろうし、実演系の動画では、話し方であったり姿勢であったりで参考になるところを沢山発見できる、また、どのように声掛けをすればよいのかを感覚的に理解できるからだ。

 補足だけれど、ナンパ師のバイブルとして有名な"The Game"の基本的な知識ぐらいは持っておいた方が動画の理解が深まると思う。ミステリーメソッドはどのPUAも前提として話を進めているので。

 

 さて、記念すべき第1回目のPUAは...

オーストラリアからのアジア系イケメンPUA

Adam

f:id:MARUMARUcircle:20160421150057p:plain

                https://www.instagram.com/ooitang1/より拝借

 

○profile

  •   nationality: オーストラリア
  •   height: 172cm?
  •   home city: アデレード(オーストラリア)
  •   pick up time: 約5年
  •   pick up style:  

 主に、Day Game(ストリートナンパ)でプレイし、とにかく直接法にこだわる。つまり、下心がないように見せかける紛らわしい言葉は挟まない。率直に自分の意志を伝える。彼のオープナーは、いかなる時も揺るぎない。

 「驚かせてごめん。君がかわいいと思ったから声をかけたんだ」

 そんな彼のモットーは、「君が声をかけた理由を10秒以内に彼女に伝えられないナンパをするなら、そもそも話しかけちゃいけない」。つまり、ストリートで声をかける時は、オープナーで簡潔に声をかけた理由を伝えろと。何故なら、目的の見えない声掛けは女の子を不安にさせてクローズさせるからだ。更に彼は周りくどいことは言うな、自分の思ったことを正直に伝えろと言う。じゃあ、なんて言えばいいか?

 「君がかわいいと思ったから声をかけたんだ」

これ以外にありえるだろうか?

 

○video

www.youtube.com

 

○Overview

 何故に初回にこの男?

って思うかもしれない。ほぼ無名のPUAといっても過言ではないであろう。Youtubeチャンネルの登録者は700人ちょっと。あの悪名高きPUAジュリアン・ブランク先生(彼の非行はこちらを参照)の7万や、『The game』の彼、タイラー・ダーデンの14万と比べると、駆け出しのペーペーだ。しかしながら、僕が彼を選んだ理由は4つある。

 

①ひねったテクニックなどを使っておらず初心者向けの簡単なナンパだから。

②それでいてかつ理にかなったことを言っているから。

③このブログの読者のほぼ全員が彼と同じアジア系だから(英語ネイティブだが)。

④単純に彼の雰囲気が好きだから。友達になりたい笑

 

 彼の動画やサイトを見る限り、金目当ての劣悪な講師って感じではない。なんていうかlaid back(のんびりした)でマイペースな感じが好きだ。ただ、先日、公家シンジさんから「酋長は男を見る目がない」と言われたので、こいつもダメ男かもしれない笑

 実演動画を見てもらうとわかるが、格段にナンパがうまいというわけではない。成功率は低い。気の利いたことを言ったり、高度なテクニックを使って、女の子を落とすとかそんな感じでもない。親しい友達に話しかけるような感じで女の子を引き止め、スモールトークを楽しむ。女の子が拒否したら素直に引き下がり、後腐れ無く次のターゲットへ向かう。見ていて落ち着くナンパだ。褒めちぎった後に言うのも難だが、僕のナンパに似ている。僕は細かいナンパテクニックとかはよくわからないので、思ったことを言う、自分を大きく見せようとしない、というのを軸に声をかける。食いつきが上がらない時もあるし、友達みたいになってしまう時もある。しかし、下手に身の丈に合わないようなことをしたら女の子はすぐに察する。不信感を煽るし、ナンパする身としても苦しいのでやらないのが吉だろう。

 

 彼が全ての動画の中で伝えていることはたったの3つだ。すなわち、"Natural(自然に), Authentic(ありのまま), Direct(直接的)”であれということ。1つといっても良いかもしれない。Just be yourself.(自分らしくいろ)

 自分をかっこよく見せようとすると、必ず破綻する。自己啓発と切っても切り離せない関係にあるナンパの世界では、時として自分を変えろ、違う自分になれという強迫観念に襲われるが、それは成長からは最も遠いマインドだ。自分は変えられない。そのことに気づくことで、逆説的ではあるが、変化への端緒が切り開かれる。 最後に「ありのままでいること」の重要性を説く本を2つほど紹介しよう。

 

対人恐怖の治し方

対人恐怖の治し方

 

 

五輪書 (岩波文庫)

五輪書 (岩波文庫)

 

 

 

 

彼のwebsiteはこちら。オーストラリアに行ったら是非とも合流してみて下さい。

○website: BOWL DOJO

www.bowldojo.com